究極のUEDA MAGIC

カストリのセットはシート幅を合わせるだけ。
オスメスの木型も振動方式も使わず、製品とカスをクリーンに分離するカストリユニットです。簡単なカス取りピンを装着することで穴のカス取りもできます。また、振動方式でないため、多丁取りのカス取りも行うことができ、排紙部できれいに積上げが可能です。

あらゆる反りシートにも対応!!

反りシートに実績のあるUEDA独自のロールフィーダーにて給紙し、シートを給紙部定盤上にウレタンバーでしっかり定着させながらスムーズに打抜部へ挿入するため、S反り、波反りのシートでも抜群の精度が得られます。


UEDA独自の給紙システム

波反り、S反りシートでもOK。 シートを2本のウレタンバーの重みで押え、くわえ側をスクイ爪ですくい上げます。
さらに、くさび状の横定規によりシート両端を押え、シートを平らにして打抜部に挿入します。 ウレタンバーで押えられたシートを打抜部ストッパーに直接当てて、シートの位置決めを行うので、反りシートでも精度の高い抜きが可能です。

加工コストを大幅に下げた理想の打抜き機。

1給紙部|Feeder Unit

ベルトフィーダーとロールフィーダーのコンビネーションで反りのあるシートもスムーズに給紙します。

横定規連動装置が加わりカストリ部、排紙部の横定規が同時に移動できるようになり、段取り時間が大幅に短縮されました。また、モニターに添って操作でき、イザというトラブル時にはメッセージを表示します。


動画を見る

2打抜部|Die Unit

重荷重設計の為、偏荷重にも強く、バランスナイフは必要ありません。

抜型のみの位置決め調整がすばやくでき、出し入れ・固定も簡単に行えます。


動画を見る

3カストリ部|Stripper Unit

シート幅を合わせるだけで、製品とカスをクリーンに分離するカストリ機です。

簡単なカス取りピンを装着することで、穴のカス取りもできます。また、振動方式でないため、多丁取りのカス取りも行うことができ、排紙部できれいに積上げが可能です。


動画を見る

4排紙部|Delivery Unit

後処理に手間がかからないUEDAならではの排紙システム。

枚数設定方式で排出することができます。


動画を見る

株式会社 上田紙工機 本社・工場 静岡県静岡市駿河区丸子新田160 TEL.054-259-0830 FAX.054-259-0863